仕事の鬱憤を晴らせる? B級映画まとめ

List 泳Go > 映画レビュー > ネタバレなし > 仕事の鬱憤を晴らせる? B級映画まとめ
Movie

なぜ、B級映画を勧めるの

世の中には多くの名作映画で溢れています。俳優の高い演技力、高い制作費で高品質のCGなど、メッセージ性に溢れた物語など、名作は魅力しかありません。

一方、B級映画とは、名前の通りA級(名作)にはなれなかった映画。とんでもない設定や展開、安いCGなどが多く、お下劣な下ネタや血が飛び散るシーン、万人ウケはしません。

しかし、これらのB級加減こそが病みつきの素であり、オススメポイントです。というわけで、笑ってストレスを飛ばせてくれる映画たちをネタバレなしで紹介。

あと、B級映画を楽しむ秘訣は期待しすぎないことです(笑)

エナジードリンクで狂暴化!映画『Z Bull ゼット・ブル』

この映画は日曜日の夜に鑑賞を推奨。月曜日から出社か、と憂鬱な気分をぶっ飛ばしてくれる爽快さと笑いが満載です。

早速ですが、どの辺がB級感に溢れているかというと、アクション・コメディ・スプラッター、制作費安そう、ぶっ飛んでいる、笑えてスッキリという点。

Red Bullのオマージュなタイトルから察しの通り、エナジードリンクを飲んだ社員が凶暴化してしまうホラーとアクションな物語。

パッとしない冴えない主人公が戦いに巻き込まれていくのですが、パッとしない者だからこそ持っているスキルで対応していきます。正直、ストーリー性は高めではありません。営業マンや会社で働く人へのダークユーモアは、共感と笑いを誘ってくれるはず!

重ね重ねですが、期待しすぎは良くないです、頭を空っぽにして挑むべきです。

見終わった後は、月曜日やってやらあぁっ!!という気持ちでレッドブルを飲むことでしょう

ポッターことラドクリフの当たり役!?『ガンズ・アキンボ』

目覚めたら両手に拳銃を装着させられていて、デスゲームに強制参加させられるクレイジーなお話。

ハリー・ポッターことダニエル・ラドクリフが演じる、ちゃんとクソでヘタレな主人公が魅力的。

カメラワークなど演出は気合が入っていますが、チープ感は否めないです。また予告動画の通り、血が飛び散るスプラッターな演出も多め! ひゃーはーってなります(ならない方は、実際にヒャハハハと笑うのオススメです)。

テンポが良い90分映画なので、「うわっ……」、「ひゃーはー」、「Oh Yeahhhh!」という感じで脳汁タラタラで観れます。敵役が吐く、汚くもユニークなセリフ(英語表現)にも注目です。

余談ですが、ダニエル・ラドクリフの両親は『ハリーポッター』時代で稼いだお金を資金投資などでしっかりと管理してました。そのため、お金に困っていないそうです。

なので、こういったB級映画への出演はダニエル・ラドクリフ本人の希望であり、落ちぶれたわけではないそうです(なにそれ〜、もっと好きになっちゃう)。

あのポッターが、こんな落ちぶれた役を好んで演じている……ウケるww くらいのお気楽加減で鑑賞してください。

ダニエル「ガンズ・アキンボみてねー

ポッターが演じるのは、水死体!? 『スイス・アーミー・マン』

あなたが無人島で遭難している時、水死体が流れ着いたらどうします!?

スイスアーミー・マン』の主人公は、その水死体を駆使して脱出を試みます。その主人公ではなく、水死体こそがダニエル・ラドクリフです。ダニエルが演じる水死体は、死後、海を漂っていたことでガス溜まっており、浮力を帯びています。

主人公はそれを利用して、生き延びようと試行錯誤します。そして、生きるか死ぬかの中で気づけば……水死体すら友人に!?

設定といい、間違いなくB級なのですが、カラフルな映像美に溢れていてお下劣さなどは控えめです。不真面目な設定が真面目に演出されおり、間違いなく癖になります。

ジャンルは、ホラー?・コメディ・ヒューマンってとこですかね。異色のストーリーと設定すぎて、判断が難しいです。それだけ、新鮮味に溢れてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました