ネタバレなし『エターナルズ』鑑賞前に知っておきたいこと

List 泳Go > 映画レビュー > ネタバレなし > ネタバレなし『エターナルズ』鑑賞前に知っておきたいこと
『エターナルズ』 Movie
『エターナルズ』/画像は公式サイトから ©Marvel Studios 2021

マーベルによるアクション映画『エターナルズ』。監督は、2020年のアカデミー賞で最多の3部門受賞に輝いた『ノマドランド』のクロエ・ジャオ監督

MCUフェーズ4と呼ばれる、マーベル映画第4章に位置します。とはいえ、彼らはマーベルシリーズ初出なので、マーベル映画全く知らないよ〜という人でも楽しく鑑賞出来きます。

ただ、何も知らずに鑑賞すると、鑑賞中に混乱しそうな部分もちょこちょこあります。というわけで、ネタバレなしで鑑賞前に知っときたい知識や情報を紹介。

なんか神々しい『エターナルズ』とは!?

まず皆様に伝えたいのが、『エターナルズ』ではクロエ監督が描く壮大な映像美と人間模様が極めて、魅力的だということ。

そして、新キャラが多く、最低でも10人の顔と名前を覚える必要があるということ。

公式の煽りは「『アベンジャーズ』に次ぐ、新たなヒーローチーム≪エターナルズ≫」。人数だけなら、初期のアベンジャーズ並みです。以下、簡単なあらすじ。

遥か太古、絶対的存在であるセレスティアルズによって生み出され、邪悪なディヴィアンツから人類を守ることを命じられた不死の宇宙種族エターナルズは7000年以上人類を見守り、時に導いていた。 遂にディヴィアンツを殲滅したエターナルズは解散しそのまま地球で密かに暮らしていた。 しかしサノスによる宇宙の生命半減が元に戻った後、物語が動き始める。

7000年間見守ってきた10人のヒーローチームこそが「エターナルズ」。一人一人、異なった能力を持っており、名前はギリシャ神話から名付けられてます。ただ、一般的な読み方と違く、微妙に覚えづらい。ex)「イカロス」ではなく「イカリス」。

2時間半という長尺の中でヒーロー(人間)模様は、丁寧に描いているが、気を抜くとあいつ誰だっけとなりがち。また、ワクワクさせる新たな専門用語も満載だが、冒頭に鬼ラッシュで出てきます。しかも、多分今後のMCUで大事そうな話もチラホラあり、気が抜けない映画です。

新キャラ・ワードで混乱しないよう、ネタバレ抜きで紹介

原作とは、能力や見た目がほとんど異なる、『エターナルズ』登場キャラクターたち。公式サイトはまぁまぁネタバレがあったので、名前と能力などをシンプルに紹介。

『エターナルズ』キャラ紹介
「エイジャック」

エターナルズのリーダー「エイジャック」。能力はあらゆる生命のヒーリング

ボスである「アリシェム」ことプライム・セレスティアル(第一天界人)と唯一、連絡が取れる。

『エターナルズ』キャラ紹介
「セルシ」

10人の中で、アジアンビューティ担当の「セルシ」。能力は物質の自由な変換です。

『エターナルズ』キャラ紹介
「イカリス」

「エターナルズ」で唯一空を飛べ、目からビームを出せる「イカリス」。ギリシャ神話の読み方はイカロス、太陽まで飛び、羽が焼かれたという伝説で有名な人。

『エターナルズ』キャラ紹介
「スプライト」

変身や幻影を見せれる能力を持つ「スプライト」。チームで一人だけ12歳の少女という幼い姿をしている。現代では「セルシ」の姪っ子として過ごしている。

『エターナルズ』キャラ紹介
「ディヴィアンツ」

今作の敵「ディヴィアンツ」。昔から地球に生息している。

『エターナルズ』キャラ紹介
「アリシェム」

アリシェム」ことプライム・セレスティアル(第一天界人)。(こいつの二つ名のせいで鑑賞中に混乱した)

宇宙に最初の太陽を創出し、他のセレスティアルたちを従える。 捕食種であるディヴィアンツの脅威から人類を守るために、エターナルズを地球に遣わせた味方のボス。

『エターナルズ』キャラ紹介
「セレスティアルズ」

6つの特異点の発生前、さらにはこの世の創造より前に出現した種族「セレスティアルズ」。この頂点が「アリシェム」。(これも覚えとかないと、混乱する)

多分、『ガーディアンオブギャラクシー』に出てきた、巨人の頭の惑星はこの種族の頭。

『エターナルズ』キャラ紹介
「マッカリ」

全宇宙最速の足を持つ戦士マッカリ」。意思疎通は手話で行う。

『エターナルズ』キャラ紹介
「ギルガメッシュ」

とにかくパワーが強い「ギルガメッシュ」。圧倒的な強さは伝説として語り継がれているらしい。

『エターナルズ』キャラ紹介
「ファストス」

ファストスエターナルズの頭脳担当。驚異的な科学技術で設計や開発とかできる。その場で、グリーンランタンみたいに設計の具現化も可能。

※「ファストトス」って名前だけど神速ではないので「マッカリ」と混同しやすいので注意。

『エターナルズ』キャラ紹介
「キンゴ」

キンゴ」陽気なキャラで、指からビーム出せる。彼だけ「イカリス」のことを、アダ名で呼ぶので少々混乱する時があるかも。

『エターナルズ』キャラ紹介
「ドルイグ」

「ドルイグ」、マインドコントロールで人を操れる。

「セナ」

戦い大好き「セナ」。能力は思い描いた武器の具現化。

(まさかのアンジェリーナ・ジョリーこと、アンジーがヒーローに参戦。)

おおよそ、覚えるべきキャラと設定はこんなもんです。もっと知りたい方は、ネタバレありですが公式サイトへ(外部リンク)。

壮大な映像美がすんごいんですよ、『エターナルズ』の魅力

7000年間見守ってきたということで、過去と現在の描写がありますが、大体西暦何年と出てくるので問題ないかと。一方で、所々で史実に沿っているので世界史を全く知らないと面白味に欠けそうです。

ノマドランド』でも描かれた、壮大な自然などの描写がダイナミックの極み。戦闘シーンももちろんカッコイイですが、自然などの映像美がさらに、この作品に厚みを与えています。

とにかく長いので、尿意コントロール必須です。公開日初日に観に来ていた熱心なファンもまぁまぁトイレ退席していました。また長尺により、退屈を感じたというレビューもチラホラ。

気持ちはわからなくもないです。そんな時は、自然の描写に注目するのがオススメです。冒頭から、雄大な自然を美しく描いており、対比のように出てくる街並み。明らか、一般的なヒーロー映画より自然のカットが多く、どこか神秘的なエターナルズの面々との相性も抜群です。

暇と感じたら、映像美に注目するだけで、興奮着火めちゃファイアーになれますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました